object(WP_Post)#8240 (24) { ["ID"]=> int(159) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2017-08-29 10:15:52" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2017-08-29 01:15:52" ["post_content"]=> string(2217) "弊社のロゴデザインが出来上がりました。 今回は自社制作ではなく、ロゴデザイン専門のデザイナーさんにお願いしました。 お願いしたのはこちら M SPACE DESIGN(http://m-space-design.com/) ロゴ制作は、まず企業のコンセプトのヒヤリングから行われます。 起業の想いや、これからの事業展開、この事業で成し得たい目標等、様々なことを聞いて頂けます。 その上で、コンセプトをまとめ、それを具現化していく作業になります。 デザインの基本である美術的な原則に基づき、図形のレイアウト、カラーの配置等を行うわけですが、やはり専門家ならではのノウハウや、経験に基づくデザインは、我々には簡単に真似出来ないものがあります。 出来上がったロゴは、こちら 我々は普段1920×1080というフレームでコンテンツのデザインを行います。 ロゴはフレームにとらわれず、様々なところで使用されます。 それを見越して、配置パターンも見据えた構成とその手法は素晴らしいものがあったと思います。 このロゴは、単なるデザインではありません。 企業の「顔」となるものです。 ナイキのようにロゴデザインが企業をイメージさせたり、そのロゴを見ただけでブランド名が出てくるようなトップブランドに育てるには時間もお金もかかりますし、コンシューマ商品を持たない我々がそこに注力する必要はありませんが、ロゴは社名と同じくとても重要なものだと考えています。 起業においては、様々な想いがあり、そしてこれからの事業に対する願いもあります。 このロゴのデザインコンセプトは 「創造の始まり」 です。 ここから始まります。" ["post_title"]=> string(42) "ロゴデザインはコンセプトから" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(10) "logodesign" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2017-09-02 14:10:57" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2017-09-02 05:10:57" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(27) "http://physical-i.jp/?p=159" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" }
PAGE TOP