3DCG制作でイメージを映像化する

見て感じるコミュニケーション

映像は目から入ることで、考えるよりも先に視覚的に「感じる」ことが出来ます
文章は頭の中でイメージが構築され、理解に変わりますので思考するプロセスが
必ず含まれます。思考よりもまず「感じる」ことが出来るという映像のもつ力は
3DCGを使うことで最大限に活用することが可能になります。イメージを見える形
にして、感じるコミュニケーションとしてデザインする事が我々の使命なのです

3DCGで見える形に

概念や存在しない物を見える形で表現できます
設計図面(CADデータ)や写真だけでなく手書き
のイラスト・スケッチからもCG制作が可能です
見える物にすると同時に情報も整理できます

VR・ARで体験できる

VR・ARというコンテンツは見る者を参加する者
にします 傍観者ではなく参加者になるという
体験は確実に記憶に残ります 3DCGで作られる
奥行きのあるコンテンツでの体験を別格です

リアルという説得力

リアルな映像という説得力に勝るものがはあり
ません 画質の精密さはもちろん物体の動きを
物理演算による制御で再現していきます これ
により現実の動きが正確に再現可能になります

伝えたい を 伝わる に進化させるデザイン・CG制作

伝えたい を 伝わる に進化させるデザイン・CG制作

単にCG制作を行うのではなく「伝えたいこと」を解析しをうまく伝えるためにどのような表現がふさわしいのか再考察を行い情報の整理を行います 流れや導線・目線を見えるように演出を行うことで伝わりやすさが向上します 現実の撮影では不可能なエフェクト・ラインを入れることが出来るのがCGならではの利点です

イメージを可視化

頭の中のイメージ 想像のもの まだ存在しないものを伝える手法として図やイラストを用いられますが「動き」を表現する為には動画が求められます 動画の制作においてはCGによる映像が最適で 流れや視覚的効果を効果的に演出することを得意とするCGの優位さが際立つ分野だと言えるでしょう

見える情報の整理・整頓・再構築

撮影された映像にはすべての情報が視覚化されていますので 伝えたいことの邪魔になったり 情報量が過多になることがあります 特に工場内や機械系の解説では主役が主役として見えない状態になってしまいます CG加工により着色や不要部の不可視処理を行うことで見える情報を整理整頓でき伝えたいことが伝わりやすくなります CGを使った効果的な加工は視覚の情報整理に必須となります

思考の流れと映像の統一

伝わりやすい映像の為に映像の流れと考える流れを同じ流れにします その為に思考の流れを理解の流れに再構築し記憶に残りやすい流れを実現します これが私達が使っているインストラクショナルデザインという手法でCG制作された映像のみならず映像制作においてもVRコンテンツにおいて見る側に優しいコンテンツを実現しています

「伝わる映像」コンテンツのちから

CG「伝わる映像」を使用することで、商品特徴やその機能性、優位性を文字ではなくイメージで
伝えることができるようになります。イメージで伝えることは強く印象を残すことが出来ますの
で商品のプロモーションにとどまらず企業ブランディングや教材等でも広く活用が可能になりま
す また映像作品中にCGによる解説を適切に配置することで見やすく・分かりやすい映像になり
ます CGによる「伝わる映像」はつぎの6つの要素から成り立っておりこれが視覚的な説得力です

分解・構築・構造解説

機械や人体の構造を3DCGで視覚化できます
内部の構造や動きが見えるのはもちろんで
すが構造が組み上がったり段階ごとに透明
になるな理解のステップに応じた視覚表現
が可能で感覚的に理解しやすくなります

再現CG

ニュース・ドキュメンタリー分野では出来
事・現象を正確に再現することが必要です
再現が撮影困難な内容事柄であっても3DCG
なら映像化することが可能です 再現映像
による説得力は説明の必要もありませんね

フロー視覚化

動画は「動き・流れ」を表現する手段とし
て最強です 3DCGの動画であればイメージ
や概念図を動かしことで物や情報を流れを
表現できます 教材や解説映像はフローを
いかに表現できるかが重要になってきます

制作事例

これまでに制作された事例のいくつかをご紹介致します ご依頼頂いた制作物は公開して
おりませんので一般的なオブジェクトで作り直したものでご紹介させて頂いております

事例紹介はこちら

お見積りのご依頼はこちら

お見積りは無料 ご相談内容を下記フォームから入力してお送りください
お問い合わせ

カテゴリ

3DCG制作・映像撮影・写真撮影・アプリ開発・3Dオブジェクト制作など様々な分野でのTIPSをまとめています。

CG制作

CG制作

CG制作ツールの使い方や、制作上のポイント的なものをまとめています。使用する主なツールは、CINEMA 4D、Unity、UnrealEngineです。

映像制作

映像制作

映像制作上のポイントをまとめています。主にPremiere Pro、AfterEffectsの使い方、撮影のポイント等になります。

働き方

働き方

これからの人生100時代をどう生きていくのか、クリエイターは会社の付属物ではなくクリエイター自身が主人公となれるような会社を目指していきます。

最新記事

Information

  1. 2022/11/02

    「カズレーザーと学ぶ」制作協力のお知らせ

  2. 2022/10/19

    雪が降るイメージCG(合成可)

  3. 2022/10/05

    『最高のオバハン 中島ハルコ2』制作協力のお知らせ

  4. 2022/09/28

    X-particles Blendの混合で色を混ぜる

  5. 2022/09/26

    地方在住でCGクリエイターとして仕事を続けていくために必要なもの

よくあるご質問

制作を依頼する場合、どのような資料が必要ですか?
絵コンテ(または文字コンテ・原稿)といった映像の流れがわかるもの、制作する物体の寸法等がわかる図面のような資料、外観がわかる写真等がありますとスムーズに制作できます。
参考記事:3DCGの見積もりを依頼する際に必要な情報
制作はどのくらいの日数が必要ですか?
制作する内容により変動しますが、多くの場合、7~20日以内に初稿をお送り致しております。
特にスピードを求める方向けに至急対応プランもご用意致しております。
どのくらいの費用がかかりますか?
申し訳ございません、料金は制作する内容、工期により変動致しますので、お問い合わせ頂くのが間違い有りません。ご依頼時にご予算をお知らせ頂けましたらご予算に応じた制作のご提案も可能です。
納品はどのような形になりますか?
映像の場合はご希望のフォーマットをお知らせ頂けましたら対応致します。3Dオブジェクトの場合は、FBX,OBJ等汎用フォーマットが対応可能です。
機密保持契約は対応可能でしょうか?
ご対応可能です。
フリー素材を使いたいのですが、著作権表示は必要ですか?
ご利用される条件により変わりますので、フリー素材の利用規約をご確認頂ますようお願い致します。
FAQもありますので併せてご一読頂けたらと思います。
フリー素材利用規約