身近になってきたCG(3DCG)

CGとは、ご存知の通り「Computer Graphics」のことで、コンピュータで作られた映像のことを言います。TVや映画では広く活用され、VFXといった合成技術も相まってこれまでできなかった新しい映像表現が増えて来ています。また、カメラで撮影した実写映像と判別が難しいレベルのCGも増えており、その活用範囲がわかり難くなって来ているほど身近なものになってきています。
アニメーション業界では、これまでのセル画からデジタルセルへの移行も進んでおり、広い意味でCGによる作画も増えてきています。CGのレンダリング技術もリアル系からセルルックと幅も広くなりますます活用がひろまっています。
これらの背景にはGPUの活用というハードウェアの技術革新もあり、家庭用のPCでも簡単な3DCGが作れるようになっています。
このような中で、いかにCGを活用していくかを考えるのも、クリエイターの能力のひとつとなってきているようにも感じます。

CGの使いどころ

身近になったCGですが、その利用目的はスバリ「映像の説得力」でしょう。
視覚的に見せることは文字や文章だけのコンテンツとは理解力・伝達力が明確に違います。そのために構成・使いどころはしっかりとポイントを押さえていく必要があります。

我々が考えるCGを使うべきところとは、
・撮影するのが困難(危険)
・動きが複雑で撮影した映像では判別がむつかしい

になります。このようなコンテンツにこそCGの優位性がでてきます。
その際に、いかに「わかりやすい」映像にするかをCGクリエイターは考え、細かい技術や最新の表現を使用することよりも、見る人の頭の中の情報整理ができるような表現を目指しています。実はこの考え方は教材の設計に類似しています。人間の理解のプロセスを踏まえた教材はしっかりと頭に残ります。
同様にしっかりと考えて作られた映像は記憶に残り、さらに心を動かすことも可能です。
我々はこれまでの映像制作のノウハウと企業内の教材制作の手法を用いて、より伝わるCGによる映像制作を行っています。

CGが求められるシーン

具体的な例として、CGが最適なシーンをピックアップしてみたいと思います。

シーン 説明(具体例) CG
概念イメージ システムフローや、商品の流れ等を説明するもの 動きのあるフロー図で部分毎に見せる
まだ存在しないもの 建築予定のビル、設計段階の機械器具 CADデータによるプロダクトCG
撮影困難なもの 交通事故再現、地形図、天体 再現CG、想像映像
撮影した映像がわかり辛いもの 工場内のパイプライン、配線など 簡略化モデルによる解説CG

以上のような分野ではCGにより具体的なイメージを視覚的に表現することが出来ます。
また、弊社では再現CG等において、物理演算による正しい挙動を再現いたします。リアルな細かい挙動はより説得力のある映像となります。

制作の流れ

ヒヤリング(内容確認)

作りたい映像の内容をお伺い致します。
・映像の種類(動画、静止画、長さ、解像度など)
・使用目的(TV・PV等の映像、映画、CM、HPでの商品説明、教材 など)

ビデオコンテ作成

お伺いした内容をご確認頂きます。
より動きのわかるビデオコンテにてお送り致します。
ビデオコンテを使用することで、絵コンテではイメージし辛かった動きや流れが分かりやすくなります。

本制作

本編のクオリティにて制作を行います。制作の都度でプレビューにてご確認頂きます。
プレビューは解像度を下げさせておりますが、これによりご確認までの時間を短縮し、迅速な修正対応を目指しています。

修正

プレビューにてご指摘頂くポイントを修正致します
修正は追加費用なしで行います。

納品

納品用フォーマットにて生成、納品致します。
ご指定の解像度で出力し、ご指定のフォーマットに変換致します。※時間を要する場合は、事前にご連絡した上で、納期の相談をさせて頂きます。

お問い合わせから納品までは、速いもので数週間、長い場合は数か月にわたることがあります。
※ニュース映像等での至急対応の場合、4~6時間での納品実績もございます。

制作実例
PAGE TOP