VR

VRとは、 Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の頭文字で、一般的には「仮想現実」と訳されます。ゴーグルと呼ばれる装置を介して表示される360°の映像体験のことで、これまでの映像作品のようなフレームがなく、見たい方向を見ることができ、従来の映像作品に比べ映像世界へ入り込むことができます。また音響も3D音響と呼ばれる音の方向が立体的に感じられるような技術で目・耳から入ってくる情報をまとめてVR技術と呼んだりします。
私どもではこれらの映像部分をCGに特化して制作を行っております。

VRの分類

VRは、ARやMRといった複合現実と言われる技術とも併せて語られることもあるように、現実世界に存在しないものをあたかも現実に存在するかのように感じられるコンテンツです。
現実に存在しないものを具現化するために用いられるのが3DCGです。3DCGとそれらをリアルタイムで表示するゲームエンジン、高精細のVRゴーグル等が相まって存在感のある映像体験が可能になります。

VRでできること

VRと従来のメディアの一番の違いは「没入感」です。まるでその場にいるような体験ができます。これはVRデバイスのもつ360°が見渡せるという特性によるものですが、この効果は絶大です。映画のようなメディアで考えてみますと、従来の傍観者のような視点から、出演者のひとりのような視点に変わることができます。これにより当事者としてその映画を体験することも可能になります。
そして、これは他の分野にも応用が期待されます。例えば災害時のシミュレーション、職場での作業訓練、安全運転シミュレーション、その場にいるようなリアルな体験により効果的な訓練が可能になります。
観光ガイドや、行きたくてもいけないような場所へのバーチャル旅行も可能になるでしょう。
また、従来のTV会議も、よりリアルなミーティングに変わりますので、場所にとらわれない仕事改革にもつながります。

VRコンテンツの設計

制作側の視点で見てみますと、大きく違うのは「フレームがない」ということです。従来の映像は映画であってもTVであってもフレームという枠が存在し、その枠の中で映像を表現していきます。これまでの映像表現ではこのフレームを活かした構図や演出がおこなわれ、見る人の視線を誘導することが可能でした。
VRになると、全方向が見えますので、フレームという概念がなくなります。これにより従来とは別な手法で視聴者の視線を誘導する必要があります。傍観者ではなく参加者にどう感じてもらえるのか、そして参加者がよりリアルに体験できるようにするにはといった視点でのシナリオ考察が必要になってきます。

必要なもの

VRを楽しむには視聴環境を準備する必要があります。
(1)スマホ用VRゴーグル
お手軽さでは、これがおススメです。
お手持ちのスマートフォンを使用するタイプのゴーグルで、価格的に数千円で購入が可能です。
専用機に比べて画質・フレームレート等でスペック的には劣りますが、体験用としては充分だと思います。

(2)PSVR
PS4をセットで購入すると10万円程度になります。
上位機に負けない画質で、コスト的なメリットも十分にあります。問題は入手性が芳しくないことですが、これは生産体制がおいつくことで緩和されていくと思われます。

(3)Oculus、VIVE (PC必要)
VR専用ゴーグルです。視聴にはPCが必須になります。
また設置場所もある程度の広さが必要となり、設営も少し手間がかかります。
しかしながら、それを考慮しても余りある高画質・臨場感はやはり専用機ならではです。
コストと手間をかけてでも良いものを求める方は専用機をおススメします。
必要となるPCは、デスクトップ、ノートの形状は問いませんが、グラフィックボードはGeforceGTX1060~のスペックがあったほうが良いと思います。CPUはCore i5でも問題ありません。

PAGE TOP