• CG

CINEMA 4DとOctaneRenderを使用して背景用HDRIイメージを作成する

CG制作の際に背景にHDRIイメージを使用します。
このHDRI素材は購入して入手することが多いのですが、なかなか思うような素材がない場合もあります。
今回HDRIイメージをCINEMA 4DとOctaneRenderを使って自作しましたので、その方法を記録しておきます。

スタジオの作成

実際のスタジオを模したものを作成してみました。

照明等は必要最小限の構成でまとめています。
・トップライト
・サイドサイト
・メインライト(人物の場合キャッチ併用)
ライトの強さは、Octane LightTagのPowerで調整します。
HRDIイメージの中心となる部分にカメラを配置します。
カメラはOctane Cameraタグで 「Camera type」を「Panoramic」に変更します。

ライトの光具合をリアルに見せたいのでPost processingのBloom powerも少しだけ上げます。

プレビューだとこんな風に見えます。

レンダリングの設定

レンダリングはフォーマットを「HDR」色深度「32Bit/ch」にします。

解像度は大きい方が良いと好ましいと思いますが、最近では4K程度が多いように思います。

レンダリングで書き出されたイメージがこちらになります(jpegにしています)

背景に使用してレンダリングした画像がこちら。

自分の使いやすいHDRIを作っておくと制作もスムーズかと思います。
ちなみに、ここで使用したスタジオのファイルも置いておきます。

プロジェクトファイル(c4d)zip圧縮:90KB

※ESET INTERNET SECURITY 11.0にてチェック済み。使用における問題については免責とさせて頂きます。

訂正
ファイル形式をOpenEXRにしておりましたが、hdrに訂正させて頂きました。

関連記事

  1. CADデータをCINEMA 4Dにインポートする際の注意事項

  2. 3DVRと3DCGはゲームエンジンの活用で加速する

  3. TurbulenceFDの流体をOctaneでレンダリングする設定

  4. CINEMA 4Dで作成したキャラクターをUE4でアニメーションさせる…

  5. 事故再現CG

  6. 2017~2018実績まとめ

  7. IGESデータのポイント、ポリゴンの整理をCINEMA 4Dのチェック…

  8. CG背景用のデータはTHETAで撮影する

PAGE TOP