TurbulenceFDの流体をOctaneでレンダリングする設定

CINEMA 4Dで流体シミュレーションを行うプラグインの一つに「TurbulenceFD」があります。
煙や炎を扱うものとしては、比較的簡単・高速にシミュレーションができるので、弊社でもよく使用しています。

OctaneRenderを使って、TurbulenceFDの流体をレンダリングする設定はシンプルな構成なのですが、すぐに忘れてしまうので備忘録的にまとめておきます。


まず、TurbulenceFDコンテナに「Octane ObjectTag」を付けます。


Mainタブの
Abs/sct. channel を変更します。
レンダリングする対象をTurbulence側のシミュレーションしたチャンネルにします。
今回は煙(Density)を選択します。

Volume Medium をクリックします。ここでレンダリングの色を設定していきます。

パラメータ設定する内容説明
Density煙の密度濃い、薄いをこの数値で調整します。デフォルトは100です。
Absorption全体的な煙の色影側に強く出る色がこの色になります。
Scattering光を散乱した色直接光が当たる側に出る色になります。
Emission発光の色今回の煙では使用していませんが、炎を使用した場合の発光色になります。

分かりやすく、色を変えたものでレンダリングしてみました。

色を変えないものはこちらです。

関連記事

  1. 事故再現CG

  2. CADデータはオブジェクト数を減らすことで軽くなる

  3. CADデータをCINEMA 4Dにインポートする際の注意事項

  4. ブロックの地球が回転するイメージ映像

  5. CINEMA 4Dで作成したキャラクターをUE4でアニメーションさせる…

  6. 雪の降るイメージCGをフリー素材として公開しました。

  7. フリー素材(DNAイメージCG)を公開しました

  8. 配光データ(IESファイル)の使い方

PAGE TOP