研修でも使用する新入社員向けのCG用語

3DCGの制作には専門的な用語が多くあります。なるべく難しい表現を使わずにわかりやすく簡単に解説してみます。
また、CGに直接関連がなくともCG制作を行う上で知っているべき言葉も合わせてまとめてみたいと思います。

その他

ことばよみ分類説明
アドビCCアドビシーシー固有名詞Adobe Creative Cloudのこと。うちではAfterEffectsを使用して合成やらコンポジっぽいことをするので、これを契約している。使用する人数分必要。
アルファアルファ一般名透明部分のこと。透過では屈折率等の影響が出るが、アルファは単に透明になる。
アンビエントオクルージョンアンビエントオクルージョン一般名、CGオブジェクトの陰影を表現する為の手法。シーン全体の照明を考慮して生成される影。
色温度イロオンド一般名、映像系光源から放射される光の温度を表現する数値。単位はK(ケルビン)数値が低いほうが赤、高いほうが青白くなる。太陽光は5500K程度。
HDRIエイチディアールアイ一般名ハイダイナミックレンジイメージ。ここでは32bitの色深度を持った360°写真を指し、CGの背景に使用することでリアルな光源を再現する目的で使用する。
絵コンテエコンテ一般名、映像系ストーリーや流れを絵と解説で指示したもの
エフェクトエフェクト一般名、映像系演出効果。動きや流れを強調する目的で使用されることが多い。ワイプのような送出効果から、雷のような光学的演習を指すことがある。
F値エフチ一般名、映像系撮影時の絞り値のこと。値が低い程、被写界深度が浅くボケが大きくなる。F値の値が小さいレンズを大口径と呼ぶ。
FPSエフピーエス一般名秒単位のフレーム数のこと。ゲーム等の動きの激しいものの場合、120fpsを求められることがある。単に映像作品では30fps程度。
OpenCLオープンシーエル一般名、PC関連計算処理をGPUで行うために必要になるライブラリ(命令群の集まり)
OpenGLオープンジーエル一般名、PC関連3D等のグラフィックスをGPUで処理するためのライブラリ(命令群の集まり)
Octane Renderオクタンレンダー固有名詞物理ベースレンダラーのひとつ。光学的に正確な表現が可能である、NVIDIAのボードでないと使用すらできない。
オブジェクトオブジェクト一般名、CG物体のこと。
解像度カイゾウド一般名、映像系インチあたりのポイント数を表す、ドット・パー・インチ。紙媒体の場合300~350dpiであるが、映像作品は72dpiが多い。
画素数ガソスウ一般名、映像系映像を構成する点の数。フルハイビジョンの場合1920×1080ドット
画面サイズガメンサイズ一般名、映像系映像の表示されるエリアの大きさ。
キーングキーング一般名、映像系特定の色(他にも明るさ等)をアルファにすること。「ヌキ」ということもある。
CUDAキューダ、クーダ一般名、PC関連GPUを使用して計算速度を上げる技術。ソフトウェアとハードが対応していないと使えない。現状ではNVIDIAのものでないと使えない。
クライアントクライアント一般名お客様のこと。
グラフィックボードグラフィックボード一般名、PC関連本来はグラフィックの画面表示を行う装置。処理が高速であることから、近年ではCGのレンダリングやシミュレーションの計算も行ってくれる。
グラボグラボ一般名、PC関連グラフィックボードのこと
クロマキークロマキー一般名、CG人体に少ない要素(青や緑)を背景として撮影した素材に対してキーング処理を行うこと。天気予報の合成等がこれにあたる。
経費ケイヒ一般名会社のお金で払ってもらえる、ってこと。
ゲームエンジンゲームエンジン一般名、CG本来ゲームを開発する目的で生まれたシステム。近年のVRによりこれでコンテンツ制作することが増えた。インタラクティブ性が必要なコンテンツはゲームエンジンで作る。
コンポジットコンポジット一般名、CG合成のこと。CGレンダリング画像と実写を合成する作業のこと。主にAfterEffectsで行うことが多い。
サブディビジョンサーフェスサブディビジョンサーフェス一般名、CGポリゴンの面を滑らかにする手法。分割数や方法を選ぶことで滑らかなカーブを持つポリゴンを生成できる。ハイポリで作っていこうとすると後の工程でハイスペックなPCが必要になってしまうので、SDS(サブディビジョンサーフェス)を使用してローポリで生成していくのもテクニックのひとつ。
360°動画サンヒャクロクジュウドドウガ一般名、映像系パノラマ動画。VR動画と呼ばれることもある。360°の映像が収録されているので、どっちを向いてもその場の映像が見える。臨場感があるが、奥行き感は乏しい。
GIジーアイ一般名、CGグローバルイルミネーション。光源からの光と影を演算し、影として表現する手法のひとつ。使用することで影はリアルになるが計算処理に時間がかかる。
シーケンスシーケンス一般名、映像系AfterEffectsやPremiereProでの映像の流れを示すもの。作業はシーケンス単位で行う。タイムラインともいう。
CGシージー一般名コンピュータ・グラフィック、コンピュータを用いで作られた映像のこと。
C#シーシャープ一般名プログラミング言語。比較的新しいもので、UE4でも使用できる。
GPGPUジーピージーピーユー一般名、PC関連グラフィックボードの演算処理を画像処理以外の目的で使用すること。
CPUシーピーユー一般名、PC関連コンピュータの計算をする回路のこと。PCの処理のほとんどはここで処理することが多かったが、最近はグラフィックボードと協力していることが増えた。
GPUジーピーユー一般名、PC関連グラフィックコントローラー。本来はコンピュータの画面表示用パーツであるが、最近は高速な演算処理能力を活用した技術が多くあり、画面表示以外でも活用されている。
C4Dシーフォーディー固有名詞CINEMA 4Dの略名。CINEMA 4Dのファイル拡張子。
ZBrushジーブラシ固有名詞CG制作ツール。スカルプティングという粘土を盛り付けていくような手法でモデリングが行える。CINEMA 4Dにもスカルプティングの機能はあります。
C++シープラスプラス一般名プログラミング言語。OSやハードを扱うような深い部分を制御するものに使用されることが多い。
シーンシーン一般名、CG場面のこと。
シェーダーシェーダー一般名、CG陰影処理を行う機能。
SHADEシェード固有名詞老舗のCG制作ツール。ポリゴン生成の扱いが特殊。
字コンテジコンテ一般名、映像系文字で構成されたコンテ。動きや画面の構成を文字で表現する。脚本に近いが、それよりも画面上の指示が細かい。
CINEMA 4Dシネマフォーディ固有名詞MAXON製統合型3DCGソフトウェア。安定性に優れ、使いやすさに定評がある。AfterEffectsと連携できる唯一のCG制作ソフト
絞りシボリ一般名、映像系カメラにおけるレンズで光の入ってくる量を調節する仕組み。F値で表される。値が小さいと大きく開き、大きい場合は小さく開く。
シミュレーションシミュレーション一般名、CG実際に試せないことをPCを使って試すこと。
シャドウシャドウ一般名、CG影のこと。ハード、ソフト、エリア、等の種類があり、光源により設定できる。それぞれでレンダリング時間が変わる。
javaジャバ一般名、PC関連プログラム言語のひとつ。世界でもっとも普及している言語と言われる。PCはもちろんスマートフォンや家電でも可動している。
焦点距離ショウテンキョリ一般名、映像系レンズの設定値のひとつ。撮影することのできる角度を表現する。値が小さいほど広角で、値が大きほど望遠。50mmが標準と呼ばれる。
3ds Maxスリーディエスマックス固有名詞Autodesk製統合型3DCGソフトウェア。Mayaと並び語られることが多いように思う。安定性の面から弊社では使わなくなった。
3DCGスリーディシージー一般名立体的に点、面を構成して生成されたオブジェクトで構成される映像。
3DVRスリーディブイアール一般名、CG立体的に見ることができるバーチャール映像。左右両目の視差を利用することで立体的に見える。
タイムコードタイムコード一般名、映像系映像中に入っている時間、フレーム数のこと。00:00;00などの形式で表記される。
タイムラインタイムライン一般名、映像系時間を横軸にした編集ライン、レイヤーと呼ばれる層で複数の映像を積み重ねていく。
テイクテイク一般名、CG映像制作ではカットの数を指す。C4Dでは同じシーン中で様々な設定値を変更してレンダリングしていく仕組み。
テクスチャテクスチャ一般名、CGポリゴンに色や模様を模様を再現する為に使用する情報。
デバイスデバイス一般名媒体の総称。あるいは筐体、出力するメディア等を指す。ハード的には接続される機器のことを指す場合もある。
デフォーマデフォーマ一般名、CGオブジェクトを変形させるもの。効果を与えたいオブジェクトの子にする(下層に配置)ことで効果を発現させる。
デプスマップデプスマップ一般名、CG被写界深度を表現するために使用する。奥行きの情報を白黒の濃淡で表現する画像。
デモリールデモリール一般名、映像系制作例、製作可能な品質がわかるように作られたデモ用の映像。
電源デンゲン一般名、PC関連PCの安定動作に重要なパーツ。出力がW表記されるが、なるべく大きいものが望ましい。
透過トウカ一般名、CG透明なこと。透過度に加えて屈折率というパタメータが含まれることが多い、液体表現の際に重要な値。
ネットワークレンダリングネットワークレンダリング一般名、CGネットワーク上にある複数のPCを使用して同一シーンのレンダリングを協力して行うこと。
ノーマルマップノーマルマップ一般名、CG法線マップ。平板であるポリゴンを立体的に見せる方法。凸凹の情報をもとに陰影の画像を生成して見た目に凸凹があるように見せる。
パースパース一般名、CG建築物の完成図。家具や機材を配置して内観、外観を実際に使用されているシーンを映像したもの。
パーティクルパーティクル一般名、CG飛ぶ光の粒。点や線の状態で放出される光の総称。映像制作ではAEのプラグインで付与することが多い。
pythonパイソン一般名プログラム言語。AI開発等で利用されることが多い。
ハイパーナーブスハイパーナーブス一般名、CGHyper-NURBS。C4Dで使用されていたSDSの名称。
ハイビジョンハイビジョン一般名、映像系ハイビジョン(1280×720)、フルハイビジョン(1920×1080)、地デジハイビジョン(1440×1080)、DVD(720×480)
8Kハチケイ一般名、映像系解像度(7680×4320)
パノラマパノラマ一般名、映像系全方向写真。CG空間の再現の為に360°パノラマ写真を用いることがある。
反射ハンシャ一般名、CGマテリアルの設定。金属などの光を反射する素材に設定する。反射光の色や反射率を設定する。
被写界深度ヒシャカイシンド一般名、映像系ピントのあう範囲のこと。浅いという場合は領域が狭く、深い場合は広い範囲でピントが合う。
ビデオコンテビデオコンテ一般名、映像系動く映像で作られたコンテ。
180VRヒャクハチジュウブイアール一般名、CG全面180°の範囲を立体視で作られたVR。360°に比べると映像の解像度が高くなるので高画質になる。
Hudiniヒューディーニ固有名詞統合型3DCGソフトウェア。エフェクトや物理シミュレーションに強い。VFXで多用されている。
表示解像度ヒョウジカイゾウド一般名、映像系表示する点の数
標準レンダラーヒョウジュンレンダラー一般名、CGC4Dで使用されるレンダラーのひとつ。
VRブイアール一般名、CGバーチャルリアル。仮想現実。
フィジカルレンダラーフィジカルレンダラー一般名、CGC4Dで使用されるレンダラーのひとつ。標準よりも高画質。
4Kフォーケイ、ヨンケイ一般名、映像系解像度(3840×2160)
物理エンジンブツリエンジン一般名、CGシミュレーションの際に、重力・慣性の法則といった物理的な動きを計算により再現できる仕組みのこと。C4Dに入ってます。
物理ベースレンダラーブツリベースレンダラー一般名、CG光と影の再現を光学的な面から正確に再現するレンダラーのこと
プリコンベクションプリコンベクション一般名、映像系AEで特定のレイヤーを事前に計算しておく為に別のシーケンスにまとめること。
フレームレートフレームレート一般名、映像系1秒間に表示されるフレーム数
プレビズプレビズ一般名、映像系映画などの映像作品でCGを多用する場合は、モーションや構図の確認の目的で、絵コンテではなく低ポリゴンの仮モデルで映像化を行う。これをプレビズという。
Blenderブレンダー固有名詞フリーの統合型3DCGソフトウェア。UIと操作が特殊であるが、機能が充実してきており今後注目である。
分散レンダリングブンサンレンダリング一般名、CGネットワーク上にある複数のPCを使用して同一シーンのレンダリングを協力して行うこと。
ベイクベイク一般名、CG焼き込むこと。レンダリングの都度影を計算すると時間がかかるので、影が動かないものは予め計算した影をテクスチャとして固定する、その工程。
法線ホウセン一般名、CGノーマルマップ。平板であるポリゴンを立体的に見せる方法。凸凹の情報をもとに陰影の画像を生成して見た目に凸凹があるように見せる。
ポリゴンポリゴン一般名、CG3DCGでオブジェクトを構成する平面。
マテリアルマテリアル一般名、CGポリゴンに色や模様をつけるために保持する情報。質感を再現する為に使用する。
Mayaマヤ固有名詞Autodesk製CG制作ソフト。ゲーム業界・CG業界の標準的ソフト。弊社では使用していない。
メモリメモリ一般名、PC関連データの一時保存場所。読み書きの速度が高速。電源を切ると内容が保存されない。高解像度のCGを作る場合は多めに乗せる(推奨128GB)
モデリングモデリング一般名、CG3D空間上の座標を指定して点・線・面を生成し、立体的な形を作る作業。集中することが多いのでなるべく話しかけないようにしたい。
UE4ユーイーフォー固有名詞UnrealEngine4の略名。ゲームエンジンのひとつ。出来上がる画質の美しさに定評がある。
Unityユニティ固有名詞ゲームエンジンのひとつ。ユーザーの多さ、転じてドキュメントの多さにより開発のとっつきやすさが抜群。
ライセンスライセンス一般名、PC関連ソフトやアプリを使用できる権限のこと。多くの場合年単位で支払う。年貢とかいう場合もある。
Realflowリアルフロー固有名詞流体シミュレーション用ソフト。大規模から小規模なものまで網羅する本格的なシミュレーション・ツール
流体リュウタイ一般名、CG液体、気体等の他の物体の中を流れる状態をいう。これを再現するのが流体シミュレーションという重い処理である。
レンダーファームレンダーファーム一般名、CGレンダリングを行ってくれるマシンがいっぱいあるところ。
レンダリングレンダリング一般名、CGモデリング、テクスチャ、アニメーション等の設定されたデータがら、画像を作り出す作業。この作業中はPCの負荷が高いので他の処理が止まることがある。
PAGE TOP