流体を用いたタービンのビジュアライゼーション制作(映像制作、3DCG制作)

概要

TRT_PV01

TRT_PV02 TRT_PV03

TRT_PV04

タービンの内部の気体の流れを視覚的に表現いたしました。
煙の流れは筐体内の構造を元にシミュレーションを用いて表現しています。同一条件でのシミュレーション結果を用いて視覚的な演出用に複数回レンダリングした映像をコンポジットすることでシームレスな表現となるように構成しています。

煙(気体)や水流(液体)といった流れるものは「流体」と呼ばれ、CGを用いることで見やすくわかりやすく表現することが可能です。また部分的に変えたり、発光させる等の視覚的演出も可能です。
一般的には膨大な時間や演算リソースが必要になる流体ですが、作業の効率化や演算時のパラメータを最適化を行うことで制作時間の短縮を行うことが可能になります。

制作

AE制作画面
C4D制作画面

AE制作画面

本制作は以下のソフトを使用しています。
・Adobe Premiere Pro 映像編集
・Adobe AfterEffects コンポジット、色調整、テロップ演出、タイトル表示
・CINEMA 4D 3DCG

流体は、x-particlesとTurbulence FD、レンダリングはRedshiftを使用しています。流体はシミュレーション結果をキャッシュさせることで複数のシーン(カット)で共有させています。

最終映像

最終映像です。
※Mitsui E&S Group三井E&Sグループ公式チャンネル