はじめに

地方に移住する方が最近増えているようで、私の住む愛媛県でも東京から移住して起業されたりと積極的に人生を作っている方がおられたり、「移住したいなぁ」という声も耳にしますので地方で生活するということを私の目線からお話してみたいと思います。

この記事の著者

愛媛県出身、高校までを愛媛県内で過ごし、福岡県内の大学に進学。卒業後愛媛県内企業に就職。
出張で日本全国を回りましたが、東京大阪に生活圏を移したことはありませんので、田舎からの視点と見て頂ければよろしいかと思います。

目次
田舎暮らしの現実

  1. 仕事面(収入)
  2. 支出面
  3. 日常生活
  4. まとめ

大きく仕事面(収入)、支出面、日常生活に分けてお話しますが、一般企業に勤務されることをお考えの方には以下は該当しないこともあるかと思います。私のようなクリエイター業でフリーランスに近い立場でお仕事をされている方は参考になることもあるかと思いますが、移住する地方によっても大きく変わってしまう事もありえますので私の個人的な感想としてゆる~い気持ちで見て頂けたら嬉しいです。

仕事面(収入)

撮影などの現場作業・立会や、共同作業で同じ場所にいることを要望される場合は、地方在住は難しいと思います。逆にリモートで打ち合わせが完結でき、ファイル転送で納品が完了できる作業であれば問題ないかと思います。クライアント様とのやりとりもリモートで対応できるところが増えていますので、以前に比べやりやすくなっっているようにも感じます。
※しかしながら、田舎ではクリエイターの方は少ないということもあり、同業の方とのコミュニケーションはSNSのみということになります。この寂しさとの戦いもあります。
田舎では都市部に比べ、仕事の単価も安くなる傾向があります。見積を出すと「こんなに高いと思わなかった」と言われることは珍しくありません。地域の相場を調べておくのも必要かもしれません。けれど相手が納得できるような説明・サービスのクオリティを上げていくような方向にシフトしていくのが将来的には良いと思います。
PC作業

支出面

生活費はやや安い程度かと思いますが、家賃が圧倒的に安くなります。愛媛県では3LDKのアパートの相場が6~8万円程度になります。これは東京から異動で来られる方がよく話されていますので、私の思い込みではなさそうです。
反面、公共交通機関が乏しい為、自家用車必須になりますのでこれにかかる維持費が必要になります。車両購入費用+税金+ガリソン代+オイル交換等と結構な支出になります。しかしながら自動車やバイクが好きな方であれば思う存分楽しめるということも事実かと思います。私の場合ですが「移動」が時間の消費ではなく楽しみの時間のひとつになっていると思います。

日常生活

良い悪いではなく自然が多いです。そして現実問題として虫も多いです。鈴虫やセミのような風流なものから蚊・ハチ・クモといったものも区別なく多いです。
人は総じて少なく、割合的にご年配が多いように思います。また皆さんお元気な方が多く朝早くから農作業されている方もいらっしゃいます。そして夜になると人通りも少なくなります。静かではありますが、防犯上は好ましくない面もあります。また早朝の公園や海岸等も、人が少ないので、独占(貸し切り)に近い状態になることも多々あります。
都会と違い、夜はしっかり暗くなります。星はしっかり見えますよ。
清流

まとめ

時間の流れがゆっくりしているように感じることもあります。歩行者の速度も比較的遅いように思います。(個人の感想です)
そして、自然豊かなので、散歩程度でも自然を体感できると思います。しかし自然を楽しむというレジャー感覚ではなく自然と共生するイメージで捉えて頂くと良いと思います。
都会とは違い、便利なモノやおしゃれなもの・お店は少なく、店舗の品揃えも少なく、少し遠出するなら自動車が必要になります。都会の方が良いと思うことはいっぱいあります。けれど不便ではありますが田舎暮しも悪くありません。一日が終わって心地よい疲労感と虫の声(今の時期はカエルのこ大合唱)で眠りにつけるのは私にとっては幸せなことだと思います。

便利な事は少ないですが、不便を楽しめる(自分で工夫してみる)という気持ちがあるなら、田舎暮らしも悪くありませんよ。
瀬戸内海の島々