ShowReel 2019

新しいリールです。
・流体シミュレーション(を使用したモーションクラフィックス)
・機械系(CADデータ含)
・合成
等を入れています。
流体を使ったロゴモーションです。
ロゴを動かすにとどまらず、ロゴの形状に至るまでにロゴへの想いや、会社の方向性、目指すものを可視化することで、見て納得できるロゴとなります。
ちなみに、これは弊社のロゴですが、物理演算を用いたリアルなモーションによる演出で「物理演算を用いたリアルな動きのCG映像」を表現しました。
こちらは同じく物理演算の流体を使用した気体(煙)のシミュレーション映像です。流体の動きだけではなく、レンダリングに使用するエンジンも光学的に正確な計算を行いますので、光源により煙の見え方や影の濃さ等についても正確に表現できます。
ジェットエンジンの内部構造です。
実際のエンジン内部は更に複雑で撮影できたとしても映像だけで理解するのはなかなか難しいものですが、3DCG化することにより解説したい部分を目立たせたり、不要な部分は不可視することで視覚的に伝わりやすくすることができます。
人体を金属テープ状の物質で形成していくモーショングラフィックスです。実際に撮影が難しいこのような分野は3DCGの得意分野で映画やPVなどでも大きく活用が期待される分野です。
PAGE TOP